2015年8月15日土曜日

ツイン・ピークス【7話&8話の裏解説】〜ツイン・ピークスマニアックス〜

これまで書いたツイン・ピークス解説をまとめてみましょう。

アクセス数ナンバー1・宇宙一わかりやすい解説
http://riekonaito.blogspot.jp/2012/08/blog-post_16.html

ネタバレを含むラストシーン解説
http://riekonaito.blogspot.jp/2013/12/blog-post.html

銀河系一マニアックな裏読み〜TPの中のネイティブ・アメリカンについて〜
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/06/blog-post_16.html

裏読み講座〜丸太おばさんなど〜
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/06/ben.html

書籍で読み解くシリーズその1<シークレット・ドクトリン>
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/08/blog-post_10.html

書籍で読み解くシリーズその2<荒地>
(以下のリンクは隔週刊ツイン・ピークスの宣伝を含みます)
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/08/blog-post_88.html

小ネタ講座
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/08/blog-post_15.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

↑まずはこれらのリンクをお読みくださいませ。

第7話では物語を「東洋哲学」の
モティーフが飾っている。
ヒントを見逃さないようにしよう。

ヒントとは…
ハンクが刑務所で東洋哲学を学んだ、と
ジョシーに語るシーンである。

<ココナツからネックレス>

7話の冒頭、ドナとジェームズは、
忍び込んだジャコビーの部屋で
ココナッツの中に隠されたハートのネックレスを見つける。

そう、ハートの片割れのネックレスを掘り起こしたのは

ジャコビーだったのである。

ジャコビー所有のココナツの実から

金属製のネックレスが出てくるとは、
奇妙だが、何か意味でも隠されているのだろうか? 

ヒントは第7話の中盤に隠されているのでは。

ハンクがジョシーに「東洋哲学を学んだ」と語るシーン。

そこで、“ココナツの実からネックレスが出てくる”を

東洋哲学の五行相生説……“木が燃えて火を生み、
土が生まれ、土から金属が生まれ、
金属の表面が冷えると水が生まれ、
水を吸収して木が生まれ、
木が燃えて火が生まれるという循環”……
で読み解いてみよう。

まずローラの心の中のFIRE(火)がローラ自身を焼き尽くし、

そしてローラは死に、土に還った。

土に還ったローラのハートのネックレス(金属片)を

ジェームズとドナが埋め、それを見ていたジャコビーが、
のちにそのネックレスを掘り起こす。
つまり土から金が生まれたのである。

そのジャコビーの部屋に侵入したジェームズたちが

まず見つけたのはミニチュアの和傘だった。
和傘はつまり雨(水)。
雨は木を育て、その実(ジャコビーの部屋にある椰子の木の実)から
ローラの心の中の火の象徴
(ジャコビーのローラへの想いが詰まったネックレス
……それはもはや冷たい金属片ではなく
蘇ったローラの心の火そのものである)で
あるハートのネックレスが出てきたのである。


<シンクロニシティ>==================
第8話を彩るシンクロニシティとは東洋哲学を西洋哲学に
取り入れた心理学者ユングが取り組んだテーマである。
(第8話は西洋思想と東洋思想の出合いをモティーフにしている)

なお、この“シンクロニシティ(偶然の一致)”の概念を
言語化することに成功した心理学者ユングによれば、
シンクロニシティは内的事象(心の中)と
外的出来事(実際に起こる出来事)との共鳴である。

シンクロニシティはそれだけでも十分に神秘的な出来事であるが、
また同時に、人間の心に感情的な浄化作用をもたらす。
第8話を観ているうちに、奇妙なカタルシスを
感じた視聴者は少なくないはずだ。

参考文献:http://riekonaito.blogspot.jp/2013/02/blog-post_23.html

<ローラとマデリーン>=================
マデリーンがメガネを握り潰して陽になったとたん、
ドナは陰となり、サングラスをして煙草を吸うようになる。
その変化には戸惑うが、これも、今回のテーマである“東洋思想の世界”で理解できる。

東洋哲学の陰陽思想“陰と陽”で考えると、陰があるから陽が生まれ、
陽があるから陰が生まれる。それで宇宙のバランスがとれているのだ。
もし、西洋的な世界観のままであれば、たとえマデリーンが変容しても
ドナには影響がないはず。

しかし東洋的な世界観では、
マデリーンが陽に転じたのでドナはその陰となる。

東洋思想が西洋思想に与えたインパクトの強さは、
ユング著『黄金の華の秘密』の
「ヨーロッパの読者のための注解」に如実に表れている。
そこには、こうある。

「中国は、生あるものにそなわった逆説性と二元対立性を認め
そこなうことはしなかった。相対立するものは常に均衡を保ちつづけてきた
−これこそ高い文化のしるしなのである−C.G.ユング(湯浅泰雄訳)」

補足:

19世紀前半のアメリカ文学も東洋思想に強く影響されていたが、
アメリカの若者たちに東洋思想が広く受け入れられたのは、
1960年代から70年代初頭にかけてのヒッピーカルチャーを通じてである。
それは50年代のアメリカ的幸福論
(資本主義とマスメディアが作り上げた幸福のイメージ)への
反発としてたどり着いた思想でもあった。
====================================

おまけ:ちなみに5話と6話の裏読みはこうです↓

<5話・6話は1830年代〜1850年代のアメリカ文学史が物語を彩る>
ラルフ・ウォルド・エマソンが
19世紀アメリカロマン主義ともいえる超絶主義を表明したのが1836年、
エドガー・アラン・ポーが「大鴉」を発表したのが1845年、
ホーソーンが『スカーレット・レター』を出版したのが1850年。

以上の文学作品がツイン・ピークスにいかに
絡んでいるか?については
以下の隔週刊ツイン・ピークスをお読みください!

そして、ソローが1854年に著した『ウォールデン−森の生活』(超絶主義の傑作)。

つまり1830年代〜1850年代の文学的モティーフが
第5話、第6話のツイン・ピークスの物語を
彩っているというわけだ。

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 文化人類学 ゲーム考 社会学 キャラクター文化 月刊住職コラム連載 ヤンキー あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 研究論文関連 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ツインピークス祭 ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 手芸キット レポートの書き方 寄稿文 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル