2017年9月10日日曜日

あの!わけのわからない!新作ツインピークス第8話がだいたいわかるようになるページ(少なくとも悪クーパーモミモミの元ネタはわかる)

最近、こんなお悩みはございませんか?

新作ツイン・ピークスの第8話が
わけがわからないとか、
新作ツイン・ピークスの第8話が
わけがわからないとか、
新作ツイン・ピークスの第8話が
わけがわからないとか・・・。

ある意味、伝説になっている第8話。

なお、概要は公式の日本語のブログに載っています↓

http://twinpeaks.jp/studies/ep8/


そんなアナタに朗報です!

新作ツインピークス第8話、
「なんとなくわかる」まで
持っていけるように
内藤仙人が、頑張ります。

(注:以下はあくまでも個人的解釈です

そこで、まずは8話を「だいたい理解」するための
簡単3ステップを紹介します。

別途、必要な物品もございますが(曼荼羅とか)
それは各自でご用意ください。



8話を理解するための簡単3ステップその1
ジャン・コクトーの作品を観ます!

観るべき作品は以下の3作品です。

1作目:『詩人の血』


↑新作ツインピークスを理解するために必要なアイテムは特にこれ!

実はもう新作第2話でわかりやすい
ヒントが出てる!!

あの「木」がヴィーナスに変身して
「非存在!」と叫び、
ジグザグが割れて、
クーパー(ロッジに閉じ込められていた善いクーパーさんの方)
が異次元のガラスの箱に転送されるシーン
覚えていますか?



あのシーンの引用元は、
おそらく、ジャン・コクトーの
初期カルト映画「詩人の血」です。

以下は「詩人の血」のシーンを
切り取ったものです。

「詩人の血」において
パラレルワールドに主人公を導くヴィーナス・・・
のコスプレをした人が出てきます。


ちょっと欽ちゃんの仮装大賞っぽいかな

この後、詩人の血の主人公は鏡の中に飛び込みます。
(鏡は溶けて水になる)
その後の主人公の「動き」とか
「コマ送りみたいになっている処理」とかが
あの新作第二話の「転送されたクーパーさんの姿」と
かなりカブってます。
(というか、多分、意図的なヒントと思われる)






















そして、映画『詩人の血』において
主人公が飛び込んだ先にあるのは
多元世界の扉が並んでいるホテルでした。
(クーパーさんの場合はガラスの箱)

ちなみに、『詩人の血』に転送先として
出てくる「ホテル=多元宇宙の入り口」
のジャンコクトーの世界観は
リンチ監督の『インランドエンパイア』の方で
引用されているので
そちらも観てください。



ここまで来て、『詩人の血』の話に戻りますが、
多元宇宙の一つ一つにナンバリングしてあるという
マメなことをジャン・コクトーはしています。

↑このナンバリングのフォントを見てください。

新作ツインピークスの第3話で
「コンセントで多元宇宙に出発」のシーンに
出て来たナンバリングのフォントに
似てますし、
そもそも「多元宇宙にナンバリングする
変態的な発想」、多分これが元ネタです。


そして次に観るべき映画は
ジャンコクトーの『オルフェ』(ラジオネタが出て来ます)

3本目はこれまたジャンコクトーの『オルフェの遺言』を観てください。
(地球は、そもそも詩人の住む場所じゃないんです的なラストが
印象的です)

===========================
8話を理解するための簡単3ステップその2

さて、ここまで来て、
以上のジャン・コクトーの3作品を観ても、
またもや何がなんだかわかんないと思うので、
ここで、内藤仙人が
数年前に書いた映画解説をお読みください!

その記録:http://riekonaito.blogspot.jp/2015/10/blog-post_5.html

その一部を以下に切り取って、貼ります。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログ記事では
コラムの画像をチラ見せさせていただきましたが
もし、このコラムに興味をお持ちになってくださり、
全文読みたい!というお方が
いらっしゃいましたら、
以下の連絡先にお問い合わせいただければ、と思います↓
中外日報の問い合わせ先:http://www.chugainippoh.co.jp/annai/koudoku.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここまでくると、新作ツインピークス第8話の
謎要素「ラジオ」「馬」「核」までが
見えてくると思います。
(ちなみに、少女と羽虫も『詩人の血』に出てくる)


ジャン・コクトーが「自身の遺言」として制作したと思われる
『オルフェの遺言』はフランスの核実験の年に制作されている。
(新作ツインピークスだとアメリカの核実験が描かれる)

で、ジャン・コクトーが映画『オルフェの遺言』で出した結論は
「こんな地球は俺のいる場所じゃねぇズラ」ってことでした。

それを前提に新作ツインピークス第8話を見よう。
ジャン・コクトーがズラかった地球を
スクリーンで見ているのが
新作ツインピークス8話の
巨人と「ぽっちゃり気まぐれ貴族」のお二人
(あの二人が存在するあっち側の部屋は
 時間を超えた世界)

=======================

で、またもや『詩人の血』の話に戻るんだけど、
あのツインピークス新作8話の
「気まぐれ貴族の世界」は
コクトーの映画『詩人の血』の第4章に既に出てきます。

↓これが『詩人の血』に出てくる
「気まぐれ貴族」の住む世界

『詩人の血』では
この「貴族の世界」が
少年の死と、それを迎えにくる
「ウッズマン=あのナスDみたいな存在
(なんと『詩人の血』では羽虫のコスプレしている)」
と、重なります。
ほんとに、文字通りに、二つの世界が重なるのです。

実は、ツインピークスよりも
わけわかんないのが『詩人の血』の第4章であります。
(ジャン・コクトーが真性の天才かつ変態で、
 リンチ監督はコクトーをリスペクトしつつ
 技術とイマジネーションの広がりによって
 新作8話で!ついに!
 コクトーの変態性&
 オリジナリティを超えた芸術家だと思われる)

えーと、これらも
言葉では説明できないので、画面写真を出します。

↓これが映画『詩人の血』の問題のシーン

↓新作第8話で「悪クーパーさんが瀕死でモミモミされていた」
元ネタは多分このモミモミです。
(意味はわかりませんW
 詳細は、あの世のジャンコクトーに聞いてくださいW)











で、この映画(詩人の血)の元ネタを掘り下げると
ジャンコクトーの小説の方なので(コクトーは映画監督兼小説家)
小説も気になる人は読んだらいいと思います。

で、さらにその小説を掘り下げると
ジャンコクトー(実在)が思春期に出会った
不良少年(実在)とか、ダークな青春時代とか
そこらへんの文学研究になってしまい
その先の因果を追求していくと
もはや創世記まで行きそうなので
今日はここら辺にしといたろか〜的な感じで・・・
話は変わります。
========================

8話を理解するための簡単3ステップその3

で、ここまで来て
「核」を出してくる意味はわかったけど
あの光と音の世界を延々と描いているのは何か?
ここでキューブリックの引用ってことで
ケリをつけたい気持ちもわかる。

わかるけれども
・・・そこでキューブリックの世界
の引用ってのも広義では
間違いじゃないと思うけど、
そんなに一筋縄ではいかないのが
リンチ監督の面白さなんだ。
(「ひっかけ問題」とか好きそうだし)

じゃあ、あの偏執的な光と音の世界は
なんなんだ?

そこで、密教の金剛界曼荼羅
金剛界曼荼羅の解説が載っている
松長有慶猊下の著作『いのち つながる』
(高野山開創1200年記念出版)
が、新作ツインピークス第8話
を理解するためにも
大いに参考になるんじゃないかと思います!

というか、そもそも旧作では、
クーパー捜査官が
「チベット仏教」「仏典の話」とか
ヒント出しまくっていたじゃんかよ〜

チベットの仏教:http://riekonaito.blogspot.jp/2014/03/blog-post_12.html

ゆえに曼荼羅の世界が
ツインピークスの題材になっていることは
この流れからいくと自然なんだな

もう一度、WOWOWオンデマンドで旧作全部を
確認しておくれ

そして立体曼荼羅とツインピークスの
関係をこのリンクで復習してください↓
http://riekonaito.blogspot.jp/2017/08/blog-post_20.html


ちなみに、上記リンクの補足ですが
もともとの曼荼羅は立体で、それを
金剛界・胎蔵界に整理したのは
恵果だったと思う。
さらに、それを日本に持ち帰ったのが空海です。
↑こちらの書籍
松長有慶先生の講演録『いのちつながる』
の42ページに
このような(以下)の文言(金剛界曼荼羅の解説)があります。

松長先生による金剛界曼荼羅の解説↓
「左下の微細会は、光や音のシンボルです。
 また中央の右側の供養会は、ものごとの活動を
 象徴した部分です。これらは時間と空間を
 超越した光や、音、さらに
 活動の世界を表現しようとしています。
 ですから密教の曼荼羅は、私たちを
 取り囲む自然界全体、
 この宇宙全体をどうとらえるかが
 主題であって、本来は二次元の絵画ではなく、
 次元を超えた形で表現したほうがいいのです

では、↑この10行を映像化してみましょう!!と
いうことになると
・・・あの新作ツインピークス第8話の世界に
なるわけですよ。

新作ツインピークスは、
胎蔵界曼荼羅(ダギーさんのドタバタを含む世界)
金剛界曼荼羅の世界(金剛界曼荼羅は宇宙の「理」を表現しています。
すなわち第8話のアートな世界)
両方描いているので
「なんじゃこりゃ」となってしまいますが・・・
「さーて、今回はどっちの曼荼羅かな」という視点で見ると
割とすんなり繋がります。

金剛界すなわち宇宙の理(システム)の方に巨人が存在し、
巨人はスクリーンに映された映画のような
胎蔵界曼荼羅(わちゃわちゃした世界)
眺め、時には干渉したりしています。
あそこらへんの視点の切り替えは
二つの曼荼羅(金剛界と胎蔵界)↓を知っていると
少なくとも「ついていけへん・・・」の
状態からは脱するはず。

↓右上が胎蔵界曼荼羅で、左上が金剛界曼荼羅です














新作第8話で巨人と一緒にいた
「ぽっちゃり気まぐれ貴族」も
造形的・装飾的に曼荼羅の中の「如来」っぽい。
もし「アメリカ横断 如来っぽい人コンテスト」みたいなものが
あったら、そこで「優勝できそうな容姿の人」を
意図的に選んでいると思われる。


なお、新作ツインピークスの
現実の世界の「わちゃわちゃした世界」ですが・・・・・
(ダギーとか悪クーパーさんとかの世界)
あれは、チベット寺院の
この絵をベースにしていると思う↓

https://www.flickr.com/photos/hisak71/4852145930/


そもそも、旧作から新作にかけて
ブラックロッジとか
鳥とか猿とか牛とか、
もう何なんだ!とか頭がわちゃわちゃすると思いますが
思いますが、
↑このチベット寺院(ティクセ寺)の絵で大体わかります。

注:なお、この絵の仏教的な解説をお知りになりたい方は
松長有慶著『秘密の庫を開く』の107ページをお読みください
に戻しまして
・・・この絵を見ますと、「猿」が
輪廻の輪と輪の外の
境界線にいます。

ツインピークスの劇場版で、
コンビニの上(ジェフリーズが指摘していた場所)
にいたメンバーの中に
白い仮面をかぶった子供がいましたが、
その子供が2回目に仮面を外すと猿の顔だったことを
覚えていますか?

つまり、次元の裂け目に
「猿」がいること、ここが
ツインピークスの設定とシンクロしています。

そればかりか他にも様々な要素がシンクロしています。
絵を見ると、
(TPのオープニングの鳥:ブルーベルベットでは
邪悪な存在を駆逐していましたが、チベット寺院の絵も
それを描いています)」も中央にいます。
なにより輪の内部の境目が、
「赤いカーテン」だし。

輪の左上のあたりの
「のどかな村っぽいの(六道輪廻の天)」が
ツインピークスだったりして。

なぜそんなこと言えるのか?
といえば、この絵(チベットのティクセ寺の六道輪廻図)
をよーーく見ると
なんとあの「看板の二つの山」が
輪の中央上あたり・天国っぽいところに
存在する。
(手前がツインピークスへの入り口の道&看板、
 後方にある山がリアルの山っぽいW)

ツインピークスの看板↓

↓このツインピークスでおなじみの「看板の山」が
思いっきり描いてある(輪の中央上あたりに存在)
チベット寺院の絵は・・・
(ティクセ寺の六道輪廻図)
この絵↓(新作ツインピークスの宇宙地図・
内藤さんが頑張って手描きで描いた)と
見比べても構造が似ております。
クーパーさんの魂がこのような六道輪廻の
世界を「くるくる、わちゃわちゃしている」
ということなんでしょう。

これらを総合的に考えても、
ツインピークスはhttps://www.flickr.com/photos/hisak71/4852145930/⇦この絵の
輪の上の方の「天、つまり天国みたいなところ」の
小宇宙の名称なんでしょうな。

ちなみに、旧作でヒント頻発してたよ。
クーパーが旧作第11話でツインピークスの街の感想を判事に聞かれて
「天国です」って、思いっきりネタバレしているシーンがあります。

そして、ブラックロッジはこの絵の輪の下の方なんでしょう。
https://www.flickr.com/photos/hisak71/4852145930/
(新作第8話の「黒いチカチカ」
 この六道輪廻の輪の下の方を「頑張って動画にした感」がある)

で、これらを前提にして考えると、
何かとよく出てくる金の玉=金剛界曼荼羅の「金剛」
(ダイヤモンドのように硬い悟り、硬い金属に喩えられる)のこと?
==========================
それから、第8話で
トラウマのように頭に残る
ウッズマン(火を貸してくれ男)の
「飲んで中に降りろ馬は白目だ これは水は これは井戸だ」
ですが・・・・・・・

これも密教で解けます。

詳しくはここのリンク:http://riekonaito.blogspot.jp/2015/01/blog-post_24.html

まずは「馬」と「水」について。

上記リンクで馬頭観音(馬頭明王)について
真言宗のお坊さん(藤本師)が
以下のように説明してくださっています。


藤本師:「馬が水を飲み干し様に、

煩悩を吸い尽くすために

(筆者注:ヒンズー教のヴィシュヌの化身が)

仏教(密教)に取り入れられました。

日本での展開は、類似性とこじつけです

胎蔵曼荼羅の持明院って所に

描かれていて、馬頭明王とも言われています。

平安初期は、現世利益より修行者の瞑想の

手立てに、多くの尊格が登場します」

つまり、悟りに至る(六道から脱する)には、
馬が水を飲み干す必要があって、
ウッズマンはそれをラジオ放送で伝えているわけです。

「井戸」も密教で解けたよ!

こちらの本をお読みください。

この本の207ページ

「井心」の項目にこうあります。
「井戸の心とは、深くないものを深いと思う心である。
 (中略・詳しくは本書をお読みください)
 それと同じくこの心は、それほど深い理解でなくても
 深いと思うようなに親しみ近くことである」

詳細は『大日経 住心品講讃』を読もう!

「法(ダルマ)」について
ツインピークス新作4話で
スコットピルグリム役のあの人が
アンディの息子として、旅から帰還し
唐突に「法(ダルマ)」について語ってましたよね!
あのシーンも「一体何の意味が?」って感じでしたが
多分「ヒント出し」だと思われます。

ちなみにスコットピルグリムの俳優
(アンディの息子として出演)さん、この人ね
=======================
リンチ監督って
ツインピークスに限らず、
頭の中の基本構造が
立体曼荼羅なんだと思う。

インランドエンパイアって
超訳すると↓だもんね
(以下は種智院大に置いてある立体曼荼羅の説明書きです)
*今回のまとめ*

ツインピークスをまとめると多分こうだ↓↓↓

チベット寺院の絵➕金剛界曼荼羅➕
➕ジャンコクトーの世界➕アメリカ文学の小ネタ
➕様々な絵画
➕リンチ監督の才能(これが一番大きな要素)
=ツインピークスの世界
=============================
おまけその1

以下は、第8話じゃなくて、第5話の謎について。

5話の悪クーパーの決め台詞
「牛が月を飛び越えた=マザーグースの引用」って解釈は
ミスリードだと思われる。

私は、あれも、またもや
「仏教」で解釈した方が正解だと思う。

仏教における「牛」と「月」の関係はここでわかるよ
十牛図:http://riekonaito.blogspot.jp/2014/07/blog-post_2364.html

月:http://riekonaito.blogspot.jp/2013/07/14.html

↑この牛&月の解釈を前提にすると
悪クーパーが☎︎電話をピポパ⚡️した
謎のシーンは

牛(悪クーパーの心)が
月(悪クーパーの生きている宇宙)を
超越して、「他の宇宙」に影響を及ぼした

・・・と読めます。

で、やはり他の宇宙に影響を及ぼす手段は⚡️電気なんだ。

なぜ電気なのか?は
こちらをご参照ください
新作の構造:http://riekonaito.blogspot.jp/2017/08/blog-post_20.html

==========================
おまけその2:
解説<番外編>「ツイン・ピークスの謎を解こうと
頑張っていたら、killer7の理解も深まったよ

ツイン・ピークスから
話は飛ぶけれども、須田ゲー信者なら
須田51氏が気合の入ったピーカーだってことは
皆ご存知のはず。

須田51氏の
代表作「killer7」も、
副読本読むと、
クン・ランが
チベット出身なんだよね。

↓これが噂の副読本

この副読本、重要なことが
全然重要じゃないように書かれていたりして
そこが面白いんだけど・・・

この副読本でさりげなく書かれていて
思わずコーヒー吹いたのが

ゲームの劇中で
シナリオライターをやっている
ラブ・ウィルコックスさん(16歳)の
副読本の項目を見ると・・・・・・

ラブ・ウィルコックス16歳と
いかつい感じのガルシアン(主人公)が
「イコール」になっているんです。

ラブ・ウィルコックス=ガルシアン?

なんじゃそりゃ!って思うんですが、
これ、もう一歩
踏み込んで考えよう。

ラブ・ウィルコックス(16歳)って、
killer7の中では「外伝的なエピソード(「分身」の章)」に
一瞬だけ出てくる謎の存在なんだけど、
ゲーム内のセリフによれば
ガルシアンの行動は「彼女が書いた脚本通り」で
彼女の脚本は、「現実に繋がる力」を
持っているらしい。


つまりメタ構造になっていて、彼女が脚本家兼演者なのよ。
(ツインピークスでいうところのゴードン役がラブ・ウィルコックス)

で、「チベット」と「メタ構造」というキーワードを
併せて読むと、やっぱり
↓この絵図が見えてくるんだよね・・・

https://www.flickr.com/photos/hisak71/4852145930/

↑そもそも、この六道輪廻の絵は
「欲界」を描いたものであって
(他には「色界」と「無色界」があります)
ガルシアンが「欲界」の内部での
長い旅路の果てに
見つけたものは「真実」でした。
真実っていうのは何かっていうと
「あー、俺、欲界ぐるぐるしてただけだった」って
ことだと思う。

そして、真実をもっと追求していくと
ガルシアンっていう自己認識すら幻で、
彼はエミールだったというオチ。

で、そのガルシアンの自分探しの旅の「脚本」を
メタレベルで書いていたのが
ラブ・ウィルコックス。

ガルシアンがエミール(本当の自分)と出逢う
killer7のラストシーン、覚えている?









なんでエミールは三つ目なんだろう?と
ずっと気になっていたんだけど
たぶん、この絵の輪の外側の存在↓に気がついたってことなんだ。
https://www.flickr.com/photos/hisak71/4852145930/

世界の構造に気がついた
ガルシアンの「気づき」が
ラストなんだよね。

で、さらにスタッフロールの最後の最後でなぜか
登場し、「おいしいところ」を全て持っていく
ラブ・ウィルコックス。 

↓モノクロで最後に再登場します

彼女、はこの絵https://www.flickr.com/photos/hisak71/4852145930/
でいうところの
輪の外の右にいる存在(仏様の姿)に近いと思う。

この絵の「六道の輪(色界)」の内部が
killer7の世界で、
それを描いていたシナリオライター(仏様)が
ラブ・ウィルコックス。

killer7という
ゲームを制作したクリエイターは須田51氏だけど
そのゲームを制作するという縁を
紡いだのは外側にいる超越した存在だから
その象徴であるラブ・ウィルコックスの顔を
スタッフロールの最後の最後に置いたんだW
なんて小粋なことをするんだろう・・・
さすが神ゲー(仏ゲー)

あと、killer7の特殊な身体観(多層人格)も、
新作ツインピークスに
重なるところがあると思う。
(身体と心がたまたまシンクロニシティでつながっているという
 ユング的な考え方を採用している
 http://riekonaito.blogspot.jp/2017/08/blog-post_20.html

killer7に描かれている「身体」ってわざと
「粒の集合体」で崩れたり切り替わったりする。
あれは「身体はたまたまその形になっている」という表現に
なっていて仏教的な芸術だと思われます。

あと、killer7で画面の切り替えに
「青いザラザラ画面」を使っているのは、
モロにツインピークスの「ネタ」だと思われます。

というわけで、ツインピークスを掘り下げていたら
ピーカーのゲームクリエイター須田51氏が制作した
killer7の謎も解けてきた、という報告を終わります。
=============================
おまけその3:こちらの解説もどうぞ!↓

第11話からの解説
http://riekonaito.blogspot.jp/2017/11/blog-post.html

TP新作の構造:http://riekonaito.blogspot.jp/2017/08/blog-post_20.html

緑の手袋を深読み:http://riekonaito.blogspot.jp/2017/11/blog-post_14.html

手袋の深読みからのウルトラCで作品全体(モニカベルッチの登場の謎も)
が理解できる頁
http://riekonaito.blogspot.jp/2017/11/blog-post_15.html

旧作と新作のつなぎ目がわかるページは以下
http://riekonaito.blogspot.jp/2017/11/bttf.html

アクセス数ナンバー1・宇宙一わかりやすい解説
http://riekonaito.blogspot.jp/2012/08/blog-post_16.html

銀河系一マニアックな裏読み〜TPの中のネイティブ・アメリカンについて〜
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/06/blog-post_16.html

裏読み講座〜丸太おばさんなど〜
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/06/ben.html

書籍で読み解くシリーズその1<シークレット・ドクトリン>
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/08/blog-post_10.html

書籍で読み解くシリーズその2<荒地>
(以下のリンクは隔週刊ツイン・ピークスの宣伝を含みます)
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/08/blog-post_88.html

小ネタ講座
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/08/blog-post_15.html

裏読み外伝小説
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/08/blog-post_13.html

13話・14話解説
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/08/1314.html

裏解説
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/08/blog-post_19.html

うま解説
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/10/blog-post_5.html

フクロウ解説
http://riekonaito.blogspot.jp/2015/09/ufo-httpriekonaito.html

内藤理恵子の読書道:記事ラベル

宗教 鷹の爪 ガールズカルチャー 哲学 若者文化 仏教 映画 ゲーム考 文化人類学 月刊住職コラム連載 社会学 キャラクター文化 ヤンキー 中外日報シネマ特別席掲載のご報告 あじくりげ映画コラム連載の掲載報告 アニメ ジェンダー 2014現代文化 仕事について 2014年「世界の宗教」講義録 90年代サブカルコミックエッセイ ヲタク文化 消費文化論 2012前期哲学(火曜)講義録 2012前期現代文化(木曜)講義録 対談シリーズ テン年代自分崩しの旅 脱力系ネタ 音楽 新聞・雑誌掲載関連 漫画考 2012前期哲学(月曜)講義録 小説 2012後期倫理学(金曜)講義録 2012後期哲学(火曜)講義録 心理学 自分探し 迷走コミックエッセイ 雑学 2000年代自分探しコミックエッセイ 2012後期社会と企業講義 研究論文関連 2012前期社会と企業(水曜)講義録 2012後期スポーツと企業講義 2013前期文化人類学(火曜)講義録 とびださない!どうぶつの村 2013前期 社会と企業 講義録 2013前期現代文化講義録 ポストモダン 日記 美術 2013哲学講義前期 現代思想 1990年代生まれの謎 企業 実用 ツインピークス祭 倫理学 KAWAII文化 アイドル考察 スクールカーストについて ドビ子の微妙な冒険 リンチ監督 旅日記 映画バカヴォンの予習のためにウパニシャッドを読む 私の体験談 そもそも教育って何なんだ?論 インテリア スポーツ美学 ドビ子博士GOを目指す 古墳ギャルコフィー 理恵子のお片付けダイアリー 純喫茶の「純」とは何か 『必修科目鷹の爪』読者限定☆リンク集シリーズ イカ部 オカッパ部 ジャバラネットナイトウ(おすすめのモノのご紹介) 名古屋 経営 経済 いじめ問題 ふつうの日記 まど☆マギ 似顔絵師ドビ子の放浪記 月刊住職連載 さんぽ日記 内藤理恵子イラスト作品集 読書について 『少女革命ウテナ』考察 まとめシリーズ 寄稿文 手芸キット レポートの書き方 ドビ子連続ネット小説「塩辛いちゃん」 何か間違っているオシャレ道 別冊spoon.34 散骨 松田優作ファミリー TV出演ネタ 2013年後期 哲学(火曜)講義録 写真 初音ミク×般若心経 構造主義 買い物道 わび・さび ドビ子が書評を演じます ドビ子アナザーワールド ラジオ出演ネタ

この窓の右端の▼をポチッとするとタイムトラベル